★大粒淡水パール・アクアマリンのネックレス・ブレスレット・ピアス★

【使用素材】
大粒淡水パール・アクアマリン
宝石質水晶&NYハーキマー産水晶(ブレスレットのみ)
カレン族シルバー950(ネックレス&ブレスレットのチャームとマンテル)
シルバー925(その他の金属パーツ)

千葉市は本日も暑うございました。
夏好きで暑さに強い私ですが、さすがに2018年夏の暑さには驚きました。古くて秋に買い替え予定のエアコンが、どうか壊れずに秋まで持ちますように・・・。(職場では暑すぎてエアコン&冷蔵庫が故障しましたが、そういった案件が多いらしいです。業者さんが多忙で取り付けは3週間後という事も珍しくないそうですから、何台かエアコンがある職場は良いものの、我が家は一台ですので壊れたらシャレになりません!)

とはいえ8月も本日を含めて残り2日。
夏が終わってしまう!と、大慌てで夏っぽいアクセサリー3点をアップしてみました(笑)

ギリシア神話で「海が荒れたとき、海の精の宝物が浜辺に打ち上げられた宝石」だと伝えられている他、フランス王妃マリーアントワネットをも魅了した宝石と云われるアクアマリンを使用したアクセサリーです。

↓ まずはネックレスから。

かなり大粒の淡水パールを使用しています。パールが大きいので、金属部分は直接肌に触れることがあまり無く、肌あたりが優しいです。1連で着ける場合は頭からすっぽりかぶって着用する事が出来る、みぞおちくらいまでの長めネックレスです。存在感があってとても見栄えしますよ。

こちらは私物として着用しているのですが、重みがあるので肩が凝るとか 夏は暑苦しいと思う方もいらっしゃるかもしれません。私自身はこの重厚感が気に入っているので気になりません。※計ってみたら78gでした!

長さが合えば2連でも着用出来るネックレスです。
マンテル部分にお花のチャームが付いていて、位置をアレンジすると着用した時の雰囲気を変えることが出来ます。(チャームの着け外しは出来ません。)

アクアマリンはベリルという鉱物の一種なのですが、同じベリルでも含有する成分によって色が違います。ベリルのうち緑色の物をエメラルド、ピンク色の物はモルガナイト・・・というように、色の違いで呼び名(流通名)も変わるのです。

アクアマリンという名の由来は、ラテン語で「アクア(水)」+「マリン(海)」。その名の通り清涼感のある美しい海の水の色、そして淡水パールの白との組み合わせが眩しいアクセサリーです。日焼けした素肌をきれいに引き立ててくれますよ。

長さが合えば、手首にぐるぐる巻いてブレスレットにもなります。インパクトありすぎる感じにも見えますが(笑)シンプル&モノトーンの服装とコーディネートすると、ゴツイのに汚らしくならず、キレイ目かつかっこよく決まりますよ。

↓ 続いてブレスレットです。

アクアマリンは3月の誕生石として有名です。私はこちらのアクセサリーを見つめていると、なぜか懐かしい気持ちになるのですが、アクアマリンのエネルギーが全ての生命の源である「母なる海」の深い癒しに満ちているからかもしれません。

手からはネガティブなエネルギーが出入りする気がするので、邪気払いに水晶のチャームを添えました☆宝石質の水晶のフラットオーバルのチャームと、以前からお気に入りでよく使用する、ちっちゃいのにパワフルなハーキマーダイヤモンドです。

↓ 着用するとこのような感じになります。

↓ 最後にピアスです。

アクアマリンは中世ヨーロッパでは、ロウソクなどの夜の照明の中でとりわけ美しく輝く為、夜会用の宝石「夜の女王」としても好まれていたそうです。また、月の光を受けて輝くという幻想的な特性を持ち、別名「人魚石」とも呼ばれることがあるそうです。

確かに明るい照明の元だと、光を集めて透明度が高くなり色が薄く見えるのですが、薄暗いところで見ると水色が幻想的に深みを増して見えます!

↓ いかがでしょうか?中世ヨーロッパの貴族たちの夜会のイメージ、なんとなく感じていただけますか?(またもやブレていますが、ピアスがユラユラ揺れていて何度撮ってもダメでした!幻想的なイメージってことでご容赦下さいませ~)

3月が誕生月の方、他にも「幸せな結婚を象徴する石」として近年人気が高まっているので、ご結婚を控えている女性へのプレゼントにもおススメですよ☆

page top