★ピアス2点★

この度の台風21号、続く北海道で発生した地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。亡くなられた方々と、ご家族ご友人の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。

千葉県在住の私には直接の被害は何もなく、綺麗事に受け止められるかもしれません。
・・・それでも日々、何事もなく生かされているという事の有難さを噛みしめ、刹那の命に悔い無きよう歩んでいくと、立て続けの災害を目の当たりに決意を新たに致しました。

心がざわつくような大きな出来事が次々に起きたせいか、「癒されたい」「安らぎたい」という自分自身の思いをそのまま表したようなアクセサリーになりました。穴カケもあるので私物として身に着けることにします。

↓ 右側から・・・

★レインボーフローライト・ピンクカルセドニーのピアス★

【使用素材】
レインボーフローライト・ピンクカルセドニー(染)
14KGF(ピアス金具・ワイヤー)

レインボーフローライトとは1つの結晶やビーズの中で2色以上の色が混じっているフローライトの事です。緑+紫の組み合わせが最も多く、定番です。(こちらのピアスはブルー・パープル・ピンクが混じっている感じです。)

フローライトは硬度が低い石ですので、不安定な気持ちで製作していると、ビーズやビーズ穴をカケさせてしまうことがあります。今回も元々カケ気味の穴を更にカケさせてしまいました。裏面なので見えないように処理しましたが、販売用には出来ません。でも、身に着けたとたん「あ、なんだ、私が必要としてたんだ。売り物じゃなかったんだな。」と、すぐ納得できました。

実は、私はフローライトが苦手です。色も豊富ですし綺麗な石だとは思うのですが、見ているだけで眠いような怠い様なモヤモヤした感覚になるのです。でも、今回気付きました。私はいつも色々な事を前のめりに頑張りすぎて(頑張る=我を張る=自己中心的・・・という事ですから、実は褒められた事ではないのです。)必要な休養を取らないで無理をするタイプのようです。そこで、深い癒しのパワーがあるフローライトが近くにあると、癒される反動でどっと疲れが出るような感覚になってしまう・・・それが嫌で苦手だったようです。

今回「自分ではどうにもできない出来事がどんどん起きちゃうな。疲れちゃうな。」と自分の中で頑張りにストップをかけたことで、フローライトの癒しのパワーを受け止める気持ちになれたようです。

そして色々な物質が集まってできた結晶であることから、「共有」「集合」の意味があるといわれるカルセドニーは、「人と人との繋がり」「絆」を大切にしたいという思いから自然と選んでしまいました。カルセドニーも「主張や強要はしない。でもずっとそばで見守っている。」という感じのゆったりとした享受と愛に溢れた癒しのエネルギーがある石ですよね。

↓ 身に着けると、すごく心が休まって「今の私にぴったりだ。」と感じました。
お客様にもそのようなアクセサリーをお届けできる製作者でありたいと思います。

(こういうまったりした色と雰囲気・・・。今迄は本当に苦手だし似合わなかったのですが、自分でも驚くほど似合ってしまい、石のパワーを感じました。)

↓ 続いて左側・・・

★パープルフローライトのピアス★

【使用素材】
パープルフローライト
14KGF(ピアス金具・ワイヤー)
真鍮に16KGP(スティックチャーム)

おはじきみたいなピンクがかったパープルフローライト。純粋無垢に、まっすぐ未来を見つめる子どもの目のようだと思いました。

フローライトは子どものように自由な発想をもたらし、大人になって固まってしまった考え方を打ち砕き、新たな未来を切り開くための目覚めを促す力があるそうです。

悲しみ、苦しみ、辛さ、痛み・・・生きていると必ず向かい合うことになるそれらの中に、何か新しい道を見つけ出す力を誰もが持っているのだと信じています。

この儚くも美しい世界で生きる私たち全てに降り注ぐ、宇宙の愛。
私はそれを感じながら、しっかりと地に足をつけて生きていきます。

page top